国民年金保険料を未納する人が多くて問題になっています

国民年金保険料の未納が問題になっています。
いえ、今に始まった問題ではなく、もう長い間の問題となっています。
ただそれが、近年、かなりのスピードで増加しているということが、さらなる問題となっています。
しかし、年金に関しましては、いつも大丈夫だと言われてきました。
それなのに、国民年金保険料を納める人々の数が減っていくことで、国に入る収入が少なくなり年金が充分に支払えなくなる・・・ということもあり得るのではないでしょうか。
国民がみんなきちんと支払っていれば起こらなかった問題が、勝手な判断によって支払う人が急激に減ったため、大変な事態を引き起こしてしまうような感覚です。
国民年金保険料を未納しているかたには、もっと正しい知識を持っていただきたいものですね。
さて、国民年金保険料の未納という言い方をよく聴きますが、それと同じくらい「未加入」という言葉を聞くこともありますね。
国民年金保険料の未納というのは、国民年金に加入が義務付けられていた期間に、国民年金保険料を納付していなかった状態のことをいいます。
つまり20歳から60歳までの間に、国民年金保険料を納付しなかった人々のことです。
AIUの火災保険おすすめ?地震保険もセットで割安!【人気の秘密は?】